音のオブジェをつくりたい

音のオブジェをつくりたい。

今は具体的な旋律の付いたグルーブ。それを、抽象的なリズムとして、うねる4次元オブジェとしてものにできるか、作業を続けたいです。リズム標本じゃないけど、音楽のグルーブ(手を揉んで打つ感じ)の肉をそぎ落として、骨格だけとりだして提示してみたい。これは、私の個人的な興味です。外に出すことはないかもしれませんが。

 

リズム(躍動、うねり)が静かだということをどう伝えていけるだろう。逆に、静かななかにリズム(躍動、うねり)があることをどうしたら伝えられるだろう。ベースと旋律だけでどこまで「愛」を伝えられるだろう。究極的には旋律だけで。声だけで。人前で弾く弾かないは別にして、私はこれを追い続けると思う。

民謡はお師匠さんです。どこの地域の、どこの国の民謡も愛おしい。素晴らしいから。私は涙腺も緩いから、いつも泣かないように聴くのに必死になっていたりする。ただ、私は民謡の歌い手になりたいのではなくて、下から、下の下から、身体を使って観察していたい。その観察結果の研究論文として、音を出していけたら。まだまだ、まだまだ修行やな。