ふるさとの畑

2日間のふるさとでの畑の作業。

秋冬の野菜も終わり、夏に向けた畝づくりに入った。

まずは、樹木の如く育ったブロッコリーをすべて抜く。そして、その下のマルチ(黒いビニールシート)を取る。この作業のあと、去年のミニトマトの支柱などを抜いて、同じくマルチをとる。夏のスイカ畑に備える。

作業中にジョウビタキのオスが登場。マルチをめくった下には、虫がいっぱいいる。しばらくして、モズのオスも登場。

 

土筆もいっぱい発見。ヨモギをつんで塩の効いた薄いころもの天ぷらにした。春の香り。

終日冷たい風が吹いていた。