祈りの音

橿原市観音寺町に伝わる中陰和讃
橿原市観音寺町に伝わる中陰和讃

私のふるさと、橿原市観音寺町に伝わる「ふし」のひとつに、「中陰和讃」というものがあります。故人を弔うお経として唱えられてきたものです。どこか遠い、澄んだ響きのあるふしです。ひちりきを連想させる響きです。Wikipediaによると、「和讃の原型である「讃歎」(「仏教讃歎」、「讃談」とも)は、古く奈良時代にさかのぼる」とあります(参考:Wikipedia 和讃)。