インスピレーションの源

Castle Magic Studioのインスピレーションの源、橿原市観音寺町。一面のレンゲ畑。土が呼吸しているのを毎日感じます。こどものころアイルランドの民話を読んで、妖精のお話が遠い国の話とは思えなかったです。実際に不思議な話をおじいちゃんに聞かされました。少し怖い、どこか滑稽な。木霊、魑魅(こだま、すだま)の世界。

 

上の写真ように、田んぼにレンゲを植えるのはレンゲの根っこがチッソを溜める性質があり、天然の肥料となるからです。化学肥料の使用をできるだけ抑えて、または全く使わずにお米をつくる知恵です。レンゲ畑のなかには、アルビノの白いレンゲが咲くことがあり、子どものころ白レンゲをみんなで探したものです。

 

土とともに生きられることは本当に幸せなことです。土が呼吸している限り、私たちはそこから今日の糧を頂けます。

 (April 29, 2016  photo by Fuku)

橿原市観音寺町から葛城山を望む。葛城山は能の演目「葛城」や「土蜘蛛」の舞台として有名。観音寺町一帯は縄文時代の遺跡が眠っています。弥生時代の水稲栽培初期のころから稲を育んできた土地です。今日、私も今年の稲の種を苗代(なわしろ)にしてきました。無事の発芽を空や風や土の神様にお祈りします。(April 29, 2016  photo by Fuku)

 

展覧会・最新刊絵本情報へ戻る